« NIFTYの遺産(55)~南部家の重臣・北家 | トップページ | NIFTYの遺産(57)~津軽家の重臣・津軽家,喜多村家,渡辺家 »

NIFTYの遺産(56)~八戸南部家の重臣・中里家

みなさん、こんにちは。

 八戸藩南部家の重臣ですが、『南部藩参考諸家系図』で調べてみました。です
が、下の中里家の本家らしき一族の系図は載っていましたが、新宮家と梶内家は
見つかりませんでした。
 ということで中里家の系図をご紹介します。

>>八戸南部家(盛岡支藩)
>> 中里弥次右衛門○,  中里郷右衛門○,   新宮七郎右衛門,
>> 梶内金右衛門,
01_2
 上を見ておわかりのように、中里家は八戸藩南部家と深い関わりのある家です。つまり、八戸藩初代の南部直房の母は中里嘉兵衛正吉の娘で、直房にとって中里家は外戚となるわけです。
 上記の系図の中には八戸藩に仕えた者としては、正吉の子・典膳正良と正親の子・伝左衛門吉正の二人しか出ていませんが、正良の兄に「弥治右衛門」という人物がいますので、これが文化五年の武鑑に出ている「中里弥次右衛門」の先祖ではないでしょうか?
 また、『三百藩藩主人名事典』の「南部直房」の項に、直房を暗殺した刺客・石原関之助を討ち取った人物として「中里弥次右衛門」が出ていますが、これは正吉の子の弥次右衛門の息子でしょうか?

 『三百藩家臣人名事典』を見てみたら「中里郷右衛門」が出ていました。彼は借金により悪化した藩財政を好転させましたが、文化6年商人と結び不正を犯した廉で家老職を罷免、閉門蟄居を命ぜられたそうです。また、中里弥次右衛門も一緒に罷免され、禄高半減の処分を受けたとのことです。

|

« NIFTYの遺産(55)~南部家の重臣・北家 | トップページ | NIFTYの遺産(57)~津軽家の重臣・津軽家,喜多村家,渡辺家 »

コメント

梶内ではなく、栃内金右衛門ですよ。

栃内氏は、3代藩主の生母の近親で、直房(中里直好)の異母実兄の重信の側室です。

また、支藩とするのは無理があると思われます。

投稿: 通りすがり | 2017年2月 2日 (木) 09時35分

一部訂正します。

金右衛門は3代藩主・通信の生母近親で、同生母は直房(中里直好)の異母実兄の重信の側室です。

中里氏は、元は板垣を称し(一説には小笠原)、甲斐国から従った21人の1人の子孫家と伝え、嘉兵衛正吉の実父河内(こうち)正徳は主君南部信直の命で武田を称し、後に願って中里(なかざと)を称します。

八戸藩内では、中里三家(弥次右衛門家、清左衛門家、市太夫家)のみ「なかざと」と称し、ほかは「なかさと」と称してました。
市太夫家は、弥次右衛門家の特別な別家です。


投稿: 通りすがり | 2017年2月 2日 (木) 09時53分

>通りすがり様
 コメントありがとうございます。この記事はもう20年近く前に私がパソコン通信(NIFTY-SERVE)をしていた頃に、書き込んだものを掲載しているものなので、間違い等についてご教示して下さるのは大変助かります。
 それで「NIFTYの遺産(53)~南部家の重臣・八戸家」にあるように、武鑑をもとに各大名家の重臣を紹介した方がいたので、それに対して私が付けたコメントが元ネタです。ですから「支藩」の部分は元記事にあったものをそのまま引用したものです。
 八戸藩は南部重直が没した後に、将軍の命で重信(盛岡藩)・直房(八戸藩)の兄弟に配分されて成立したものなので、独立した藩であったという理解で宜しいでしょうか?

投稿: KUBO | 2017年2月 5日 (日) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57382/63405162

この記事へのトラックバック一覧です: NIFTYの遺産(56)~八戸南部家の重臣・中里家:

« NIFTYの遺産(55)~南部家の重臣・北家 | トップページ | NIFTYの遺産(57)~津軽家の重臣・津軽家,喜多村家,渡辺家 »