« 9~12月の収穫『古写真で蘇る日本の名城』ほか | トップページ | 石狩を楽しむ »

新生「日本家系図学会」再建!

 以前の記事で日本家系図学会解散の記事を書きましたが、その後有志の方々の動きが活発化し、『古代氏族系譜集成』の著者である宝賀寿男氏を発起人代表として、本年1月に新生「日本家系図学会」として再建されることになりました。私も宝賀先生に声を掛けていただいて、発起人の一人として参加させていただきましたが、今後は会誌『旅とルーツ』の発行を行っていた芳文館出版内に事務局を置き、芳文館の代表取締役・岸芳男氏が事務局長を務めるそうです。

 ちなみに発起人には、早稲田大学講師で『 ジュチ裔諸政権史の研究 』の著作もある赤坂恒明氏、美濃源氏フォーラム理事長の井澤康樹氏、HP「播磨屋」の田中豊茂氏、旧理事支部長で『南朝興亡史』『消された皇統』などの著作がある早瀬晴夫氏、天正遣欧使節の一人・中浦ジュリアンの叔父の子孫でその家系について研究されていた小佐々学氏、私と同じく家系研究協議会の理事をしている斎藤秀幸氏・安原繁俊氏、東大史料編纂所准教授の本郷和人氏、小松短大准教授の由谷裕哉氏、現会長の武田光弘氏などが名前を連ねています。

 先日、会誌『旅とルーツ』88号が届き、新会則案や新組織への移行のお願い、会誌は次号からは『姓氏と家系』と改題すること、また次号への投稿の案内等が掲載されていました。今後は入会者などが確定したら第一回総会を開き、役員を選任し本格的に活動を再開するものと思われます。

|

« 9~12月の収穫『古写真で蘇る日本の名城』ほか | トップページ | 石狩を楽しむ »

コメント

今日は
初めまして
私は現在通信教育にて家系とか氏姓名などを 勉強中です

以前から 興味があり 家紋などの分野の本なども購入して眺めておりましたが通信教育の本の監修を 丹羽基二先生が担当されていまして略歴の所に 日本家系図学会があることを知り インターネットから検索をいたしまして こちらのブログにたどりつきました

日本家系図学会の活動内容などをもう少し知りたいと思うのですが どうすれば宜しいでしょうか


お知らせくださればありがたく思います

投稿: 近藤真子 | 2009年8月23日 (日) 09時53分

>近藤様
 コメントありがとうございます。新生「日本家系図学会」ですが、3月に行われた発起人会にて、新会則や新役員等も選出され、本格的に活動し始めています。
会の活動としては、会誌「姓氏と家系の発行、研究発表会や講演会・懇談会の開催、会員への情報提供や資料展示、人名地名等関連する歴史等の調査研究を行う予定となっています。
先日、会誌「姓氏と家系」第1号が発行され、会の公式HPも開設されています。
http://ycr-kakeizu.com/gakkai/index.html
また11月7日(土)に東京にて第1回の総会が開催されます。

それから、ご存じかもしれませんが、家系図を研究する団体としてはもう一つ家系研究協議会というのがありまして、こちらの公式HPはこちらです。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Yurinoki/1959/index.html

投稿: KUBO | 2009年8月23日 (日) 23時26分

はじめまして!日本家系図学会というのがあるんですね!
恥ずかしながら、初めて知りました。私も系図には並々
ならぬ興味があり、自分のサイトでも手作りの系図を
アップしたりしています。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~syake-assi/newpage266.html

投稿: しゃけ | 2009年11月19日 (木) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57382/43581085

この記事へのトラックバック一覧です: 新生「日本家系図学会」再建!:

« 9~12月の収穫『古写真で蘇る日本の名城』ほか | トップページ | 石狩を楽しむ »