« 北海道・東北史研究会 「函館シンポジウムII」 | トップページ | 『簡単便利 家系図作成マニュアル』 »

ユクエピラチャシ 発掘、復元へ

 北海道新聞7/5付朝刊によりますと、十勝管内陸別町教育委員会は文化庁の整備事業の一環としてトマム地区の国指定史跡ユクエピラチャシの発掘をはじめました。
 ユクエピラチャシは広さ7.4haに及ぶ国内最大級のチャシで、2004年度以降は保護のための整備を本格化し、2006年度までに小高く盛り上がった三つの砦跡、堀の外側の白色の盛り土、当時の木さくの柱などの景観を復元するそうです。
 また、チャシ西側の丘に展望・案内施設、駐車場も開設し観光客の受け入れ態勢も整えるとのことです。

 私は、このユクエピラチャシに1999年の夏・今年の5月と2回行っていますが、チャシとしては本当に規模が大きいです。私が今まで見たチャシは、ほとんどがせいぜい深さ1~2mの堀しかありませんが、ここは堀も3~4mほどもあってかなり深く、ちょっと感激してしまいました(^^) まあ本州の方が見るとこんなものかと思うかもしれませんけどね(^^;)
 いずれにしても楽しみなことです(^^)

|

« 北海道・東北史研究会 「函館シンポジウムII」 | トップページ | 『簡単便利 家系図作成マニュアル』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。