« 『北海道のルーツ事典』のご紹介 | トップページ | 「ルーツ探偵談」のご紹介 »

講演「掘り出された矢不来館」

 今年の夏に上磯の矢不来館・矢不来台場などを案内してくださった落合治彦さん(上磯地方史研究会会長)から次の講演の案内をいただきましたのでご紹介します。

【講演「掘り出された矢不来館」】
 中世の和人の館である「矢不来館」発掘調査の成果は、北海道の歴史を解明する貴重な手がかりとなるものです。ご来場をお待ちします。(講演会パンフより)

 主催:上磯地方史研究会
 会場:上磯町総合文化センター「かなでーる」2階 中会議室
 日時:2001年11月25日(日) 13時~16時

 演題:「矢不来館跡発掘調査の成果と意義」
  講師:森 靖裕(上磯町教育委員会主査)

 コメント「矢不来館築城の背景を探る」
  コメンテーター:松崎水穂(上ノ国町教育委員会主任学芸員)

 講演の後、講師による展示出土品の説明があります。


 是非行きたいところですが、この日はすでに予定があって行けません(T_T) 悔しい...

|

« 『北海道のルーツ事典』のご紹介 | トップページ | 「ルーツ探偵談」のご紹介 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。